自分のフィットネスと巷の神出鬼没なスポーツクラブ事情を目の当たりにして。

ダイエットといえばスポーツクラブですね。春になったことで何かと新しいことを始めるに当たって、巷にあふれるスポーツクラブに新規入会する方も多いことを察しつつ、日々外出の度に近隣で見かけるクラブを見送っています。春になっただけあってどこのクラブもこぞって新規入会の割引キャンペーンなどをしているところも多いことでしょう。

私もかつてそんなスポーツクラブに通っていたことがありました。週に3日4日も通っていたでしょうか、それなりのクラブ通いが定着してしばらくしたとき、退会のきっかけは「ぶっちゃけ、家でもどうにかなるんじゃん」ということでした。

どうしてもそこのスポーツクラブじゃないといけないような、あるいはどうしてもクラブに通い続けたいといったこだわりのようなものもなく、クラブ通いは元々家でのトレーニングが確立されてた上での補助的存在といいますか、それ
でも週に3日ぐらいは通っていたのですが、どちらかというと自宅での自主トレにプラスアルファ的な位置づけであったクラブ通いだったのです。

会員種別にもよるでしょうが、毎月、どこのクラブも平均して数千円ぐらいの会費は頂戴するところが常だと思います。そんな数千円ももったいないし、その分、別のことに回した方がいいかなと思ったことも後押ししての退会でした。

実際、やる気さえあれば家でどうにかなってしまうものです笑。たまに恋しくなるのはそこのクラブならではの充実アメニティであった広々としたスパのバリエーションの心地よさでしょうか笑。そのへんはまさにスポーツクラブの特権
ですね。ひと通りクラブ内で自分なりにこなしていたワークアウトを終えてからのスパは最高に爽快で気持ちのいいものでした!

スポーツクラブを退会後しばらくのときが経った今は、家トレをぼちぼちと続けながらたまの市営スポーツセンターに行くなどして環境の変化の刺激を適度に与えながら自主トレが続いている形になっています。

それにしても近頃のスポーツクラブの神出鬼没事情はいろんな意味顕著ですね。あれほどメジャーでまず地域からなくならないだろうと思っていたクラブが、ある日たまたまそのクラブがある方面を通りかかった折にぽかっとなくなって
いて、ええーっ、あのクラブがなくなった!?とその意外性に驚かされていると、その事情はそのクラブがテナントさんとして入っていた建物会社との契約が切れたためと聞きました。

その傍らでその目と鼻の先という近場に、最新のフィットネス方針を備えた新型のスポーツクラブがドーンと展開し、巷のスポーツクラブ事情の目まぐるしさを知らされています。

どんなタイプのクラブも、あらゆる年齢層のユーザーさんやターゲットに通いやすいような工夫がいろいろとなされていますね。

この「通いやすい」ということはそのままダイエットの最大の意味である「続けやすい」ということに直結しますから、自分なりの継続ルーチンのフィードバックを自分らしい形で定着させることが一番だと思います。

私の場合は巷のそんなクラブ事情を「なるほど、こういうタイプのジムもあるのかぁ」と眺めつつ、自分に合った家でのフィットネスと補助的なスポーツセンターとのコラボでいろいろと新しいプラスのフィードバックはどうやって増や
せるかを模索しつつ、継続実践は続きます。